間接カードのやり方は易しいです。カードでダイレクトに取引できない販売物を直接買うというやり方ではなく商品券を経由してしたら得策です。説明が簡素という根拠によりはじめに金券のモデルを使って示してみたいと考えます。例になる若者が高価なカバンを欲しいと考えて立ち止まっています。買いたい有名な銘柄のアクセサリーを扱っているショップでは購入したくてもクレジットカードで払う事が許されていません。しかしJCB、NICOSなどのギフト券を使用すれば払う事を認めてくれるようです。なので個人はクレジットカードを使用して商品券を注文出来るギフト券のを売っている店舗に向かいクレジットを駆使してVISA、NICOSなどの商品券を購入したとします。そのあと利用したクレジットカードを用いて買ったVISA、NICOSなどの券を販売店に持っていき求めていた有名な銘柄の服を買い付けたとします。「なぜ商品券で購入した男性はそのような負担のかかる手法をしているのでしょう?」と思われる可能性があるかもしれませんが、実をいうと解説したやり方を運用するなら本来なら獲得する事がなかったクレジットカードポイントがつきます。いつものように、直接お金を払う事で高価なバックを購入したりした場合でもポイントは獲得できませんしJCB、MasterCard、NICOSなどの商品券をお金で買い付け後に活用してもクレジットポイントは手に入れられません。しかし今示した状況の時であるならJCB、MasterCard、Diners clubなどのギフトカードをクレジットカードで買ったという根拠により、有名な銘柄のコートを買った時と等しい量だけクレジットポイントが獲得できるようになるのです。こういう例が段階を踏んでカードを使ったことため間接的カードと言われる手法です。