付帯担保をねらって、だったり持つと得なカードであればまだいいのだが、持つ必要もなく費用まで払う必要のあるようなクレジットカードをもしあなたが手元に置いてほったらかしにしているのだとするとそのキャッシングは解約してしまうほうがよりよいと思います。というのはクレジットカードを持っている事によって、後で言うタイプの例が生じてしまう危険性があるという事からです。必要ないカード費用が必要になっていく可能性が否めない■カードという事物は持っているだけであっても会費というような支払わなければいけない料金が生まれるカードがあります。こういったクレジットの時1年間をトータルしてもも全く用いることがなかった例でもかかわらず無駄な年会費が発生していくという理由で使用しないとクレカを持っておき、放っておく事が多くの損失になってしまいます。当然ではありますが契約破棄をしてからは無駄な年会費の発生の可能性は解消されるという根拠で、いらないクレジットカードは早めに返却してしまうのが安全だと言えると思います。その上、年会費がが必要ないクレジットの中にもクレジットを運用しないと支払いが必要になるという契約されが箇条が作成されている物もあるかもしれないので、足をすくわれないように気を付けた方がいいです。