クレジットの失効とは名が表す通りカードを退会(停止)されてしまうことです。強制失効された場合当然の話ですがそのクレジットカードについてはその瞬間以降、どんなことがあっても使用できなくなります。失効となる事象は色々●クレジットカードを一方的に没収扱いとなってしまうパターンは様々。一般的に日常生活の購買で使用する等カードを用いている際あなたが強制失効となってしまうケースというのはまずないので安心して欲しいと思いますが強制失効となりかねないパターンというものを頭に入れておくことでクレカがなお安心して使用できる形になると想像できるため、以下では一例について記述していきたいと考えています。まず言えることは発行会社に向かって信用をなくす取引をしてしまったりすることもしくはカード会社への不利益となってしまう対応をしないことで、まず没収となることはありえないと言えるでしょう。安心して利用できることが第一ですので以前にそのような類の行為をしてしまったことのおありの人は、これからなんとしてもいい履歴に挽回するよう心がけて欲しいと思います。クレジットの代金を弁済しない:こんなものはもう言わずもがなの行為ではあるのですが、クレジットで利用した請求金額をカードの会社に支払わないカード代金の踏み倒しを行う、常日頃から借入によりカード代金の弁済が滞るなどという時には必ず没収させられてしまうことでしょう。基本的には相手方はあなたを信用しているからこそクレカを渡しているのでありあなた自身が支払いを履行しない限りは積み上げた信用残高は完璧に崩れ去ってしまいます。結果、クレジットを没収することでそれ以降の被害拡大を未然に止める行動をする必要があることから強制退会になってしまうのです。